リサイクル計画

リサイクルについて考えよう

リサイクルとはどんなことか

リサイクルは再循環という意味を持っており、一度使われた製品などを再び新しい原料として使用することを言います。
再資源化や再生利用などとも呼ばれ、リデュース、リユースと合わせ3Rと呼ばれています。
リサイクルはさまざまな場面で利用されており、多くはゴミなどの回収の際に行われます。
一般的には、新聞紙や古紙、ペットボトル、アルミ缶、ガラス瓶などを回収して再利用する方法が知られています。
資源ゴミの回収や分別に関しては、自治体などによって基準や規定が異なっており、規定が細かく設定されているところもあれば、緩い設定となっているところもあります。
公共施設や市街地に設置されているゴミ箱も、燃えるゴミや燃えないゴミ以外にも、ペットボトルや空き缶、紙くずなどのようにそれぞれ分けて設置されているところも多いです。
また、自治体の回収以外にも、故障してしまったり、もう使わなくなった家具や道具、服などを修理して販売するリサイクルショップなどの業者も存在し、多くの人に利用されています。
リサイクルは環境保全などのために行われていましたが、近年ではこういった再利用を行なった方が安く済んだり、コストが掛からないという利点もあり、活用されています。

リサイクルを時に気を付けたいこと

家庭から出るごみもきちんと再利用すれば新しく生まれ変わることができるものばかりです。
まだ使えるものを再利用するためのリサイクルに参加する時にはまずはごみの分別を正しく行いましょう。
資源ごみに資源に出来ないゴミが混じっているとリサイクルが出来ないことがあります。
紙でできているごみやプラスチックでできているごみの内、どれが資源でどれが燃えるごみでどれが不燃ごみかは各自治体ごとに変わりますし、同じ自治体でも見直しが行われることもあります。
自治体から無料で分別用のパンフレットが配布されますから、きちんと目を通しましょう。
プラスチック製のごみの中には食べ物や飲み物の容器で合ったものが含まれます。
容器類を資源ごみとして出す場合は必ず水で汚れを綺麗に洗浄するようにしましょう。
プラスチック容器本体は充分再利用可能な資源であっても、汚れがそのままのものだと、資源ごみの日に出すときまで家庭内の置いておくと、虫が湧いてしまいますし、リサイクル業者からも生ごみと同様の扱いになってリサイクルされないことがあるからです。
分別するのも手間がかかる作業であるのに、それが無駄となるのはもったいないことですから洗浄は忘れないように行いましょう。

recommend

乱視の方用のカラコンを各種取り揃えております。

カラコン 乱視

ダンス・芸能界を目指せる通信制サポート校

高校 ダンス

名入れボールペンを購入する方はお任せください

名入れボールペン

最終更新日:2018/5/11

Copyright(C) 2015 リサイクル計画 All rights reserved.