リサイクル計画

リサイクルについて考えよう

居ぬき物件で閉店した店舗のリサイクル

居ぬき物件とは家具や家電などの設備が残ったままの物件のことを言い、以前に飲食店や美容室などのお店が入っていた場合は内装や店舗内の設備を引き継いで利用できる物件のことを言います。
同じ業種の店舗を出店する場合、厨房やお手洗い、空調などの設備をリサイクルできるため設備投資額を抑えることができ、内装のリフォーム費用も大きく削減できるというメリットがあります。
水回りの工事は特に費用がかかるので、そうした費用を減らすことができるのは大きなポイントでしょう。
また、工事期間が短くてすむので短期間でオープンできるというメリットもあり、極端な話、全く同じ業種であれば電気や水道、ガスなどが通ればすぐにオープンすることも可能です。
さらに、サービスの内容によっては以前の店舗を利用していたお客さんを取り込むこともでるかもしれません。
とはいえメリットばかりではなく、設備をリサイクルするため老朽化や故障などのトラブルが発生しやすく、店内のレイアウトが以前の店舗と似てしまうという欠点もあります。
居ぬき物件を利用する際は、メリットだけでなくデメリットも考慮したうえで契約するようにしましょう。

居ぬき物件で上手にリサイクル

お店を持ちたい人の悩みに、設備にまで資金を回せない、少しでも費用を安く抑えたいなどがあげられると思います。
そんな時は、リサイクル概念のある、居ぬきはいかがでしょうか。
居ぬきとは、飲食店ならば厨房や換気扇、大型冷蔵庫などの設備がそのまま残されたものを言います。
設備に費用がかからない分、その他の部分に資金を回せるメリットがあります。
反面、設備が古いと思うように使えず修理に出さないと使えない、要らない設備が邪魔、店内のレイアウトを変更するには出費がかかる、などのデメリットもあるので、自分が経営したい業種と設備、思い描く店内レイアウトと照らし合わせることをおすすめします。
一方、お店を売りたい人にも居ぬきは設備ごと買取をしてくれるので自分で処分をせずにすむメリットがあります。
買取業者によっては設備がある分、買い取り額を高く、あるいは減額することもあるので注意が必要です。
お店を持ちたい、売りたい人も設備のリサイクルを上手に利用しましょう。

おすすめWEBサイト

大阪 医療脱毛

2018/6/22 更新

Copyright(C) 2015 リサイクル計画 All rights reserved.